サイトマップをご案内します お問合せはこちらから TOPへ戻ります
TOPページ 学校紹介ページです
オンラインレッスンについて説明しています
受講(レッスン)方法のご案内です
法人様向けのサービスについてのご案内です
よくあるご質問について公開してます
給付金コースのご説明です
無料体験お申込み
受講案内
受講生ログイン
 ・TOPへ戻る
 ・給付金コースとは
 ・支給条件
 ・申請方法
 ・給付金コース
教育訓練給付金

教育訓練給付金制度とは?


働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の新しい給付制度です。

 一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の
最大で20%に相当する額(上限10万円。)をハローワーク(公共職業安定所)から支給されます。

このページのトップへ戻る

給付金の支給条件


・ 雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者:被保険者でなくなった後、1年以内に教育訓練を開始した方)

・ 受講を希望し、開始した日において、被保険者であった期間が通算して
3以上である方。
(但し、初回に限り支給要件期間が1年以上でも受給可)

・ 過去に教育訓練給付金を受給したことがある方で、支給に係る教育訓練を開始した日から3以上経過した方。

・ 当スクールの各給付金対象講座への出席率が80%以上の方。

・ 当スクールの各給付金対象講座でのインタビューテストで70%以上の点数を獲得した方。

このページのトップへ戻る

給付金の申請方法

・ 教育訓練講座の受講終了日の翌日から起算して1ヶ月以内に、居住している地区を管轄するハローワークにて、支給申請手続きを行なってください。

このページのトップへ戻る

給付金に必要な書類

・ 教育訓練給付金申請書(当スクール事務局より配布します。)

・ 教育訓練修了証明書(講座修了認定基準に基づいて、受講者の教育訓練修了を認定した場合に発行します。)

・ 領収書(受講者が支払った認定教育訓練講座経費について発行します。)

・ 本人・住所確認書類(運転免許証・国民健康保険被保険者証・雇用保険受給資格者証・住民票の写し・印鑑証明書のいづれか)

・ 雇用保険被保険者証(雇用保険受給資格者証あるいはコピーでも可)

詳しくは、中央職業能力開発協会へ  http://www.javada.or.jp/

このページのトップへ戻る

給付金のQ&A

1)給付金はどのようにしたら支給されるのですか?

 受給資格者が認定講座修了の条件を満たした後に、スクール施設の長が配布する申請書を居住する地区を管轄するハローワークへ申請してください。



2)いつ支給されるのですか?

 認定講座を終了した日の翌日から起算して1ヶ月以内に申請した後に、受講者に支払われます。



3)どれくらいの期間で終了しなければならないのでしょうか?

 当スクールの各認定講座の受講期間は6ヶ月間です。



4)予約レッスンの振替は可能ですか?

 一般のコースの場合には可能ですが、給付金コースは原則的には固定スケジュールとなります。



5)講座の修了認定条件を教えてください。

 認定講座の出席率が80%以上、且つ終了インタビューテストで70%以上のポイントを獲得した受講生を対象に教育訓練修了証明書を発行します。



6)どのようなコースがあるのですか?

 英検準1級を取得する為の【一般英会話中級コース】とTOEIC(845〜894点)を取得する為の【ビジネス英会話上級コース】の2種類のコースがあります。

 

このページのトップへ戻る

教育訓練給付金講座(給付金コース)

 

一般英会話
中級コース

ビジネス英会話
上級コース




入学金

20,000

20,000

受講費用

150,000

150,000

教材費用

3,000

3,000

消費税(10%)

17,300

17,300

合計額

190,300

190,300

最大返金額

38,060

38,060

自己負担額

152,240

152,240

訓練期間

6ヶ月

6ヶ月

総レッスン数(時間数)

100レッスン(25時間)

100レッスン(25時間)

このページのトップへ戻る









会社概要 受講規則 利用規約 免責 プライバシーに関する当校の方針を掲載しております
Copyright(C) 1999-2020 Global Communications Co., Ltd. All Rights Reserved.